SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【巨人】どうしてサイドスローにした? そして参考にしたサイドスローの名投手とは?≪田原誠次オンライントーク≫

ヒジを痛めなければオーバースローのままだった!?

サイドスローの田原誠次さんも、初めから横から投げていたわけではない。

投球フォームを変えるキッカケは何だったのか!?

その答えは「ヒジが痛くて、痛くならないピッチングフォームを探した結果」だという。

また、当時はYouTubeなどがないから本や雑誌から情報を得るしかなかった。

誰を参考にしたのだろうか?

2人の名投手の名前を挙げてもらった。

まずは現ヤクルト監督の高津臣吾。

もう一人は元西武ライオンズの名投手・潮崎哲也だ。

雑誌に出ていたフォームの写真を見て、鏡の前で真似したりして体得したという。

サイドスローで投げるときのポイントを一つ。

「手先ではなく、先にヒジが出てくるようにする」というのが重要だとのこと。

そのためにはデンデン太鼓のように中心から回るイメージで投げるという。

これは、なかなか言葉では伝わりにくいニュアンス。ぜひ動画で確認して欲しい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内