SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

右手だけでティーバッティング練習をすると、ドアスイングをしないようになれる《和田一浩オンライントーク》

バッティング理論の塊、和田一浩コーチング

ドアスイングとは、バットを振ったときに両腕がまっすぐ伸びた状態でスイングすることを言う。

「バットのヘッドが遠回りして大振りになる」のがドアスイングの特徴で、悪いスイングの代表例と言われている。

和田一浩さんにはドアスイングをしないようになる「右手1本で振る練習」のやり方と効果を教えてもらった。

右手1本でティーバッティングをやってみるという練習法だ。

ドアスイングになっていると、打球はゴロになってしまう。

これでライナーを打とうと思ったら、ヒジが体の中に入ってバットが遅れて出てくることになる。

すなわちドアスイングではなくなるということ。

右手1本で振るのは、右ヒジの軌道を良いものにするために非常に効果的な練習法だと和田一浩さんは教えてくれた。