SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

ラミレスには配球を読まれているような気がして神経を使わされた《元ドラゴンズエース・吉見一起オンライントーク》

特にランナーがいる場面では神経を使わされたバッターとは?

2020年、惜しまれつつも中日ドラゴンズのユニフォームを脱いだ吉見一起さん。

2009年&2011年と2度の最多賞を獲得した中日ドラゴンズの元エースがオンライントークを披露してくれた。


現役時代、吉見一起さんが嫌だったバッターを教えてくれた。

それは昨シーズンまでDeNAの監督を務めていたラミレスだという。

特にランナーのいる場面では、配球を読まれている気がして神経を使わされたとのこと。


そのラミレスは引退する吉見一起さんへ「8年連続100打点というプロ野球新記録を作れた時、100打点目は吉見一起から打った3ランホームラン。あれはアリガトウゴザイマシタ。」とスポーツ新聞の取材でメッセージを出している。