SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【中日】鈴木博志はキャッチボールを上手になって復活して欲しい。キャッチボールが上手な選手は100%良いピッチャー!!《吉見一起オンライントーク》

サイドスローへの改造も試みる鈴木博志に復活して欲しい!!

鈴木博志に復活して欲しいから、あえて苦言を呈する吉見一起さん。


2018年のルーキーイヤーから主に中継ぎとして53試合に登板というフル回転。4勝、12ホールド、4セーブをあげた。

2年目は抑えを任されることも多く、14セーブを記録した。

しかし、2020年~2021年は期待に応えられているとは言えない状況。ピリッとしないピッチングが続く。


その理由として「鈴木博志はキャッチボールが上手じゃない」という指摘をする吉見一起さん。

なので、いまいちどキャッチボールを意識してしっかりとやって欲しいとアドバイスする。


歴代の先輩たち、川上憲伸、山本昌、山井大介などはキャッチボールが上手だったという。

特に川上憲伸は周囲にストップと言われるまでキャッチボールをやめなかったとのこと。


具体的に「上手なキャッチボール」というのはどういうキャッチボールなのかも語ってくれた。

まずは相手の胸にボールがちゃんとコントロールされていること。

次にボールの回転がキレイな縦回転の球筋で、常に同じようなボールが来るということ。

キャッチボールが良い投手は、100%ピっチングも素晴らしいと吉見一起さんは断言する!!