SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

「銀河系ビジネスマインドアスリート軍団」を目指すスポーツ人財の就職支援会社とは?

スポーツ専門キャリアアドバイザー 岸 充さんインタビュー③

ーースポーツ人材にあえて医療系事務の仕事を紹介するといった、先の先まで見据えた就職支援は、とても心強いと思いました。

岸:一時的ではなく、継続的な付き合いもしていきます。まだまだ彼自身が未熟なところもあるので仕事の仕方に対する相談も受けますし、チームそのものとも今後私もお付き合いしていきたい。
そういう意味では、一方的な支援ではなくお互いがウインウインの関係でありたいとも思っています。LINEでも「おめでとう。今後も一緒にいろいろやっていこうね」って話しました。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

ーー1人1人の人生と、真剣に向き合っている岸さんの姿が胸に響きます。

岸:「アナログ」であるということが、スポーツフィールドの強みですね。今はデジタルな世の中で、遠隔で何でもできてしまう社会。でもだからこそ対面で何回も話をするというのが、他社にはない特徴だと思っています。

ーースポーツフィールドのキャリアアドバイザーは、何人くらいいらっしゃるのですか?

岸:全国で160人くらいです。現役選手・コーチや元アスリートも活躍しており、私は一般人で(笑)人材系からの転職ですが、総合商社にシステム会社…いろんな分野から転職してきた個性豊かなアドバイザーが集まっていて、それぞれが武器を発揮しています。
例えば総合商社出身だったら幅広い知識や職種について話せますし、システム会社出身だったらそれに関する案件を求職者に提示できる。
私にはその分野は話せないですからね。弊社CFOは「うちの会社はレアルマドリードだ」と言っているんですよ。

ーーレアルマドリード!

岸:いろんな分野からのプロフェッショナルが集まった集団だと。
160人のアドバイザーがいれば160通りの得意分野が弊社にはあるということですよね。凹凸のパズルみたいなもので、社員みんながお互いの強み弱みを補い合っている会社だと思います。
「スポーツ」という共通言語の中で、自分の得意分野から波及して企業や求職者に還元する。そして、私たち自身の成長にもつながる。そんなアドバイザーでありたいと願っています。

【インタビュー】株式会社スポーツフィールド キャリアアドバイザー 岸 充(きし・みつる)
◆経歴◆
6歳からサッカーをはじめ、大学卒業後は大手人材会社に入社。13年間、営業・アドバイザーとスポーツ業界を担当した後に株式会社スポーツフィールドに入社。現在は経験を生かし、スポーツ人財のデュアルキャリアやセカンドキャリア支援、第二新卒・中途の転職支援を担当。長崎生まれ、東京育ち。37歳。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。