SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

スポーツ指導や運営にあたる方にお勧めの資格とは?

多くのスポーツインストラクターが、何がしかの資格を取得

スポーツインストラクターとは、フィットネスクラブや、スポーツジムなどで、老若男女に対して、スポーツの指導を行うお仕事です。
具体的にはトレーニングメニューの作成や、怪我の予防など、様々な面から利用者をサポートしていきます。

豊富な知識が必要となるスポーツインストラクターですが、実は決まった資格や試験などはありません。 しかし、スポーツインストラクターに関する資格は様々あります。
取得しておくと、就職活動や転職活動において有利に働いたり、仕事の幅も広がるため、自分のレベルや学びたいことに合わせて取得することがおすすめです。

また、実際にスポーツインストラクターとして働いている人の中でも、何らかの資格を取得している人がほとんどなのが現状です。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

スポーツインストラクターに役立つ資格①
スポーツ指導基礎資格

そこで、スポーツインストラクターとして働くにあたっておすすめの資格が、公益財団法人日本スポーツ協会認定の【スポーツ指導基礎資格】というものです。
基礎的なスポーツ指導や運営にあたる方のための資格です。

取得後は、主に地域のスポーツグループやスポーツサークルなどでリーダーとして指導することができます。
日本スポーツ協会が行っている通信講座コースや、集合講演会コースを受講すれば取得できる資格のため、比較的容易に取得できる資格と言えます。

また、特定のスポーツの指導をしたいという方には、競技別指導者資格がおすすめです。
競技別指導者資格には段階があり、資格によって指導ができる対象が変わっていきます。

トップリーグ・実業団等でのコーチングアシスタント(指導補助)として、ブロック及び全国大会レベルのプレーヤー・チームに対して競技力向上を目的としたコーチングを行う方は「コーチ3」「コーチ4」の資格を取得すると仕事に役立ちます。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。