SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

プロアスリートに帯同して活動も。活動の場が大きく広がるスポーツ資格とは?

合格率は10%以下ともいわれる

スポーツインストラクターに役立つ資格③
アスレティックトレーナー

スポーツインストラクターを目指す方、既に働いている方におすすめしたい資格③が、公益財団法人 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー:JASA-ATという資格です。

アスレティックトレーナーの資格があれば、プロアスリートに帯同して活動を行ったり、パーソナルトレーナー活動をしたりと、活躍の場がかなり広がります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

怪我予防のためのストレッチングやテーピング、負傷の際の消毒、止血、アイシング、テーピングや、リハビリテーションのメニュー作成や、指導、栄養管理など、医療補助的な業務で非常に役立ちます。

受験資格は①満20歳以上のもの②アスレティックトレーナー養成講習会を受講、または免除適応コース承認校を卒業、上記2つを満たす必要があります。

試験は生物学や解剖学などの知識に関する内容についての理論試験と、業務知識やマネジメント能力を総合的に判断する実技試験があります。

合格率は10%以下とも言われかなり難しく、日本のトレーナー系資格の最難関と言われています。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。