SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

クロールの泳ぎ方のコツ!息継ぎは3つのことを意識しよう!【スポーツ業界で働く人たち】

息継ぎが苦手な方は多い

クロールが上手く泳げるようになるために改善して欲しいのが「息継ぎ」です。

クロールが上手く泳げないという方の中でも、息継ぎが特に苦手という方は多いのではないでしょうか?

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

クロールの息継ぎでは次の3つがポイントとなります。

(1)顔が水没している状態は鼻からブクブク空気を出しつづけ、顔が水面から出ると口から息を吐き、その反動で息を吸うという呼吸法を行うようにしてください。

これができるようになれば呼吸も楽になる上、呼吸時間や水面から顔を出す時間も短くすることができるため、タイムを伸ばすことができます。

(2)顔を上げて呼吸をするのではなく、身体を開くことで顔を上げることを意識してください。先ほど腕の使い方でも説明したように、身体を大きく動かし水をかくことで頭が自然と横を向くようになります。

(3)息が苦しくなったタイミングで呼吸をしていませんか?

苦しくなってから呼吸をしようと思うとどうしても水面から顔を出す時間が長くなってしまうので、苦しくなる前、呼吸に余裕がある状態で息継ぎは行うように意識してみてください!

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。