SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

野球でセカンドが高度な守備技術を求められる理由

守備範囲は広い

 キャッチャー、ショート、センターとともにセンターラインを作り守備の軸を担うのがセカンドの役割です。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

 ショートと連携してピッチャーの後方を守り、状況に応じてセンターの手前から一塁後方までカバーするため、セカンドの守備範囲は広くなります。

 守備範囲の広さ、また適切な状況判断が必要なことから、ショートと並んで高度な守備技術が必要だと言われています。

 もっともセカンドはショートと比べて一塁までの距離が近いため、送球自体は難しいものではありません。そのため、安全にかつ落ち着いてゴロの処理を行う事ができます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。