SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉ボークが適用されるシチュエーション

具体例を解説

ボークとは、ピッチャーの投球や塁への送球における反則行為を指します。

ピッチャーが不当に打者や走者に不利になる行為をすることを防ぐルールです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

どのようなシチュエーションでボークのルールは適用されるのか、その具体例を見ていきましょう。

1.セットポジションで完全に止まらなかった

セットポジションとは、投球動作前の構えを指します。この時、ピッチャーは足元のプレートを踏んでから1度完全に止まらなくてはならないというルールがあります。

プレートを踏んでから止まらず投げてしまうと、ボークが宣告されます。

2.ボールを投げる動作を途中で止めた

セットポジションについた後、投げる動作が不自然な時にボークが宣告されます。最たる例が投球動作を止めることです。

他にも、バランスを崩して転んだり、手を滑らせてボールを落としてしまったりする場合も、投球動作の中断としてボークが宣告されます。

また、明らかにピッチャーに有利な牽制や投げるふりを繰り返す遅延行為は禁止されていて、ボークが宣告されます。

3.バッターが構えていない時に投球をした

野球は、基本的にバッターとピッチャーが規定の位置で構えてから勝負が始まります。そのため、

・バッターがバッターボックスに入る前
・バッターが構える前

にピッチャーがボールを投げた場合もボークになります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。