SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

ケア、サポートで貢献!ソフトボールのトレーナーの仕事

トレーナーには2種類ある

ソフトボール選手のケア・サポートを行うトレーナーについて解説します。

ソフトボールの日本代表チームや社会人の実業団チームなど、各チームに専属のトレーナーが所属しています。

スポーツの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

トレーナーには2種類あります。

・アスレティックトレーナー
→テーピングやマッサージで選手をケア
・コンディショニング(フィジカル)トレーナー
→トレーニングのプログラム作成や指導

トレーナーは鍼灸師、柔道整復師などの医療の国家資格が必要になります。

また、トレーナーの世界基準と言われるNATA-ATC、NSCA-CSCSなどの資格があります。

・NATA-ATC(National Athletic Trainer’s Association-Certified Athletic Trainer)

アメリカの国家資格でアメリカのプロスポーツ界での活躍が可能になります。

しかし、留学や認定試験、高い英語力など求められるレベルは高くなります。海外で活躍したい方はこの資格を取ると良いでしょう。

・NSCA-CSCS(NSCA認定パーソナルトレーナー-認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

こちらは日本語で受けることができます。

これらの資格を取得し、トレーナーとして選手を支える仕事もやりがいがありそうですね!

今回見てきたように、専門的な資格や経験を積み重ねることで、選手としてではなくても、自分が好きなスポーツの大きな舞台で活躍することができるようになります!

スポーツの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。