SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

スキーに関わる仕事の種類

スポーツ業界の全体像をまず把握

スキーに関わる仕事を紹介する前に、まず「スポーツ業界の全体の仕事(選手以外)」を把握するために大きく3つに分類してみます。

スポーツの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

1.『スポーツサービス・情報産業』
→インストラクター、雑誌の発行などの仕事

2.『スポーツ用品産業』
→スポーツメーカーや用品店の仕事

3.『スポーツ施設・空間産業』
→施設の運営などの仕事

このように、スポーツ業界には様々な仕事があります。この全体像を理解した上でスキーに関わる仕事を見ていきましょう!

スキー業界にはどんな仕事がある!?

では、実際にスキーへの関わり方に落とし込んでみましょう。

まず上記の1.『スポーツサービス・情報産業』。

スキーでは、実際にスキー場で指導を行うインストラクターがいます。 一定のスキーの技術や資格がある方はこちらの仕事ができますね。 また、情報雑誌を発行するなどのメディアとしての仕事もあります。 スキーの特集やスキー場の案内など様々な業務があります。

2.『スポーツ用品産業』では、スキー用品店のスタッフが挙げられます。 初心者から上級者まで、スキーを行うためには用具が必要です。 お客様への提案など自身の経験から人の手助けをしたい方にはお勧めです!

3.『スポーツ施設・空間産業』は、スキー場の運営が挙げられます。オンシーズンになるとリゾートバイトの求人が出回るほど、バイト生でも多くの求人があります。正社員となると、施設自体の経営に関わる仕事です。

上記とは少し異なり「チームの一員として仕事をする」ということもできます。プロチームがあるわけではありませんが、スクールや学生を中心とした団体などが多く存在します。 様々な切り口を知る事で、仕事はたくさん見えてきます。

スポーツの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。