SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【駅伝の基本】繰り上げスタートって何?どうなっちゃうの?

駅伝の繰り上げとは?どんなもの?

繰り上げスタートとは、

「首位チームからある規定の時間差がついてしまった場合に走者が中継所に到着する前に次の走者が出発する」というルールです。

駅伝において、チームでつなぐタスキが途中で途切れてしまうのは選手からしたら最悪な事態と考えられます。

では、往路・復路がある箱根駅伝を例に挙げて解説していきます!

繰り上げの対象になるのはどんな時?条件を紹介!

スポーツ業界の現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

駅伝において、最悪の事態とも言える繰り上げスタートですが、その対象になる条件を箱根駅伝を例に紹介します。

まずは、復路一斉スタートについてです。

往路を首位から何分遅れてゴールしたかが復路のスタート時に関わってきます。

箱根駅伝では、基準が10分となっています。

首位から10分以内にゴールしたチームは、その時間に応じた差をつけた状態でスタートします。

しかし、10分以上が経ちゴールしたチームにおいては首位チームがスタートしてから10分後に同時スタートとなります。

スポーツ業界の現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

復路では、走っている順位と実際の順位は必ず一致するとは限らないということです。

例えば、往路で首位ゴールから10分でゴールしたAチームと首位ゴールから13分後にゴールしたBチームがいると仮定します。

この2チームは同時に復路をスタートしています。

本来3分差があるため、BチームがAチームよりもリードしているとしても実際の順位はA>Bとなっている場合があるのです。

簡単に言うと、最終順位はゴール順ではなく、合計タイムが決めるということになります。

これまでは往路にて遅れをとってしまった際の繰り上げについて紹介しました。

次回はレース途中での繰り上げを紹介します。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー