SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【スポーツを仕事に】「競技スキー専門店で知識ゼロからのスタート」Part①

スキー・スノボ用品ショップの聖地、東京神田。同業店舗がひしめく中で、神田だけでも5店舗を展開するのが株式会社カンダハ―。1987年創業の老舗です。そのコンセプトは「かたくなにレーシング」。競技スキー、特にアルペン競技用品を専門的に扱っている会社です。

店舗にお邪魔すると、普段レジャースキーでは目にしないスキー用品がズラリ!!そんな専門的なお店だなんて、よっぽど専門知識がないと・・・と思いきや、ウェア店で働く野間雅美さんは、アルペン競技の知識はゼロで入社したのだとか!お客様から刺激を受けながら楽しく働く野間さんに、お話を伺いました。

スポーツ業界の現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

最高齢は92歳!!アルペンスキーを愛する人々が集うお店

ーー見慣れない用品が色々ありますが、このウェットスーツの様なものは?

野間:夏にいらっしゃったお客様に同じこと言われましたよ(笑)。こちらはワンピースといって競技用ならではの試合着です。このウェア店の中ではレジャーとの違いを一番表している商品ですね。後はレーシング用のヘルメットも特徴的かな。私もお恥ずかしながら、アルペン競技については知識ゼロでカンダハ―に入社しまして、仕事しながら商品を覚えていきました。

ーーゼロですか!かなり専門的な知識を求められそうですが…

野間:もともと幼い頃から家族で毎年スキーに行っていた大のスキー好きなのですが、レジャーとして楽しんでいたのでアルペン競技の知識はなかったんです。でも、働く事になって商品を売る為の最低限の競技ルールや知識を覚えて、後は働きながら先輩方に教えてもらいました。お客様から教わる事もありましたよ!

ーーお客様はどんな方が多いのですか?

野間:長年、競技をされている常連の方が多いですね。自分でするのはもちろん世界大会とかW杯を見るのが好きな方々で知識が深いんです。最初は話について行けなかったのですが、少しづつ先輩と一緒にお客様について会話を聞きながら覚えて、3年経った今ではお客様にアルペン競技について聞かれても答えられるようになりました。

ーー長年、競技者に愛されているお店なのですね。一番古くからのお客様でどれくらいですか?

野間:創業(1987年)の頃からのお付き合いの方もいらっしゃいます。先日は92歳の方がワンピースを新調しにいらっしゃいましたよ!後、70代80代の現役レーサーの方々も多くて、本当にびっくりするくらいめちゃめちゃお元気なんです、皆さん。お話していて楽しいですし、こちらがエネルギーを頂きますね!

Part②に続く

【PROFILE】
野間 雅美(のま・まさみ)
1988年生まれ、神奈川県座間市出身。中学・高校とソフトボール部。日本体育大学進学後は軟式野球に転向。現役時代のポジションはレフト。フィールドネームは「まちゃ」。大学卒業後は運送会社、介護系会社などを経てカンダハ―に入社。最近はアニメ「鬼滅の刃」にハマる。好きなキャラクターは竈門炭治朗。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー