LOVE SPORTS

宅配便に張られている「天地無用」の正しい意味を知っていますか?

「天地無用」の意味を知っていますか?

 宅配便などが届いたときに、荷物に「天地無用」というシールが貼られているケースがありますが、言葉の印象から「天地」、すなわち上下は気にしなくても大丈夫という意味にとらえる人が多いものです。しかし、実はまったく逆の意味なのです。

「天地」つまり上下は反対にしてはいけませんということなのです。「無用」という言葉には「禁止」という意味があります。ですから「天地」(上下)を逆にすることは「禁止」という意味になるのです。「天地無用」という言葉は、運送業者の業界用語で「天地入替無用」という言葉から四字熟語の体裁をとるために「入替」の文字を削除したことが由来であるという説があります。

多くの宅配業界ではいまだにこの「天地無用」という言葉が書かれたシールを使っていますが、郵便局など、「この面を上に 逆さま厳禁」というようにわかりやすい表現を使っているケースもあります。

「無用」を含んだ似たような言葉に「他言無用」があります。「他言」とは他の人に言うことを指します。それを禁止するのですから、人に話してはいけませんよ、という意味になります。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 大人のための日本語と漢字』
監修:山口謠司

「ニッポンとニホン使い分けは?」、「なぜ緑色なのに青信号?」「十二支の本当の意味とは?」、「間違って使うと恥ずかしい敬語は?」日本語と漢字にまつわる、とことん面白くてためになる話。単なるうんちくにとどまらない、使える日本語、生きた日本語から、日本人が覚えておきたいしきたりや文化、マナーまで幅広く紹介。図解でよりイメージができ、面白いほどかんたんに、日本語の興味深い「なぜ」と、正しい日本語の知識が増える1冊!

公開日:2021.07.20