LOVE SPORTS

政変は蛮勇・董卓の出番を用意する【三国志】

Text:澄田 夢久

三国志のはぐれモノが登場

愚昧な霊帝も、中平六年(189)、死の床に就く。やれ一安心かと思えば然さにあらず。何進と宦官の死を賭した攻防が顕わになるのだ。食肉業出身の何進は、妹が霊帝の長男辨を生んで皇后(何后)になったため、外戚として大将軍に栄進した成り上がりである。

ところが、霊帝には、ほかに寵愛した王美人に協が生まれていた。何后は嫉妬のあまり王美人を毒殺する。古代中国では前漢の高祖劉邦の皇后(呂雉)を始めとして、嫉妬から相手を殺す無残な事件が多い。

さておき、辨が皇帝になると外戚の何進が一手に権力を握る。宦官にとっては由々しき事態だ。そこで謀はかったのは何進を誅殺することだった。霊帝は辨よりも協を愛していた。重体の枕元で中常侍の蹇碩が囁く。

「協さまを皇帝に立てたいと思し召しであれば、後顧の憂いを除くために何進を亡き者にすることです」霊帝は頷き、やがて崩御した。蹇碩は十常侍と密に打ち合わせ、霊帝の喪を秘匿して何進を呼び、その場で殺害する謀はかりごとを練った。

が、何進も、司馬の潘隠の注進によって宦官らの悪心、また霊帝の死も知る。何進は朝廷に巣食う害虫・宦官を皆殺しにすべしと、主だった武将を自邸に呼び寄せた。そこへ宮中から使者が到着する。

使者の伝令は、「皇帝が崩じられたあとの後事を定めたい。参内されたし」だった。その場に居合わせた曹操は、「まず天子の位を正すことが大事です。辨さまが皇帝とならなければ長子相続の範が壊れます。それを明らかにし、不平を述べる逆臣宦官を退治するがよろしいのではないか」と具申した。

大きく頷いた何進は、「わしとともに参内し、宦官を討つ者はおらんか」と周りの諸将を睨ねめ回す。そこに名乗り出たのが、姓は袁、名は紹、字は本初。袁紹は、四世三公(四代にわたって後漢朝廷の三公)の家柄を誇る。

「五千の精鋭をお貸しくだされ。さすれば宮中に切り込み宦官を根絶やしにし、辨さまを新帝に立てて天下を安んじさせましょう」蹇碩らの何進殺害の謀計は成功せず、辨は即位して小帝となる。

一大事の上奏文は頻々と朝廷に届けられたが、ことごとく十常侍は握りつぶす。霊帝は一人蚊か帳やの外で酒宴に遊ぶ始末。見兼ねた清廉の官僚が諌めると、宦官の肩を持つ霊帝に処刑されるという愚挙に遭う。

蹇碩は首を刎ねられ、次は宦官の番だったが、宦官もしたたかだ。黙って斬られはしない。何太后(霊帝崩御で太后)に泣きつき、何進に一度は宦官誅滅を思いとどまらせることに成功する。それが何進の命取りとなった。宮中に呼び込まれ、安心しきっていたところを宦官張譲らに惨殺されたのだ。

英雄の資質を持たない何進は、しょせんは小物である。いや、小物以上に愚かだった。宦官退治の後ろ盾に諸侯を呼び寄せていたのだ。ようやく梟雄董卓の出番がやってきたのである。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 三国志』
著:澄田 夢久 監修:渡邉 義浩

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、「三国志」について分かりやすく解説した一冊。魏・蜀・呉、三国の興亡を描いた『三国志』には、「桃園の誓い」「三顧の礼」「出師の表」「泣いて馬謖を斬る」など心打つ名場面、また「水魚の交わり」「苦肉の策」「背水の陣」「髀肉の嘆」など名言や現代にも通じる格言も数多く登場する。また、曹操、劉備、孫権、孔明、関羽、張飛、趙雲、周瑜、司馬懿など個性豊かで魅力的な登場人物に加え、官渡の戦い、赤壁の戦い、五丈原の戦い等、歴史上重要な合戦も多い。英雄たちの激闘の系譜、名場面・名言が図解でコンパクトにすっきりわかる『三国志』の決定版!