LOVE SPORTS

ファッションデザイナーやバリスタってどれくらいお金をもらってるの?耳にするけど給料はわからい仕事の内実は?【職業と給料の話】

Text:高田晃一

ファッションデザイナー 平均年収:393万円

仕事内容は注文に合わせて服を作る「オートクチュール」と、既製服を作る「プレタポルテ」に分かれる。経験や実績が重視される仕事なので、活躍しているのは長くこの仕事を続けていて、経験を積んだ30代~40代が多い。その年代でも月収25~40万円と給与幅が広いことが特徴

理容師 平均年収:370万

シャンプー、カット、カラーなど仕事内容は美容師と変わらないが、顔のシェービングは理容師にしかできない。初任給は15万円程度。給与の幅も狭く昇給は少ないが、40代になると月収35万円の給与が見込めることから、勤続年数によってそれなりの昇給はあると見受けられる。

和菓子職人 平均年収:340万

和菓子職人の手によって作られる細やかできれいな和菓子を作るのは簡単ではない。和菓子職人になるためには、高度な技術を要するため長く下積み生活を送ることは必須となる。平均月収は約26万円だが、下積み時代は20万円を切るため、一人前になる前に挫折してしまう人も多い。

バリスタ 平均年収:290万

おいしいコーヒーを提供するために豊富な知識と技術が求められるバリスタ。勤務する店によって、収入が大きく異なるのが特徴。全体の平均だと年収300万円を切っているが、大手チェーン店のバリスタだと500万円を超えることも。しかし、平均月収は長く勤めても30万円に満たない。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内