LOVE SPORTS

[仕事の選び方]好きなことと得意なことを見分けるポイントとは?

「好き」と「得意」は似ているけど微妙に違う

子どものころから空気を読んだり、親からの〝良かれと思ってシャワー〞をふんだんに浴びたりした人は、「好き」と「得意」がごちゃ混ぜになっている可能性が高いかもしれません。このふたつは、似ているようで少し違います。もちろん、好きなことと得意なことがイコールの関係にあるケースはたくさんあります。スポーツや芸術、音楽といったジャンルは、「好きだから夢中になって取り組んでいるうちに才能が花開いた」というように、好きと得意が結びつきやすいですよね。そうした趣味や特技が高じて仕事になったパターンとは違い、最初から仕事として向き合っている場合は見分けが必要です。

たとえば、コミュニケーション能力が高く、売り上げは常に社内で1位という営業マンがいたとします。社内での評価も、クライアントからの評判も上々。ところが、本人は周囲の期待に応えることだけを考えて、毎日、胃が痛くなるようなプレッシャーを抱えていたとすれば……、それは魂がふるえるような喜びとは、かけ離れているかもしれません。実際、得意なことは周囲から褒められたり、成果も出やすかったりするので、「こ
れが自分の好きなことなのかも」と思い込みやすいものでもあります。

好きなことと得意なことを見分けるポイントはふたつ。
 ひとつはお金も時間も気にせず、無我夢中になれるかどうか。
 もうひとつは、周囲の評価を気にせず続けられるかどうかです。

先ほどの営業マンの例でいうと、「高いお給料がもらえるから」とい「周囲の期待に応え、営業成績1位になって賞賛を浴びたいから」という想いがモチベーションになっている可能性があります。もちろん、これも大切なことではあります。でも、メリットを度外視してでも、やりたいこと、やれることが好きなことです。たとえ周囲の誰も評価してくれなくても、「よく飽きもせず続けられるね」と言われても、好きなことをしているときの魂はキラキラと輝いています。好きなものを続けることで魂が満たされていき、いつの間にか人から評価されるようになる。人はそれを才能と呼ぶのです。

【書誌情報】
『お金の引き寄せ方は魂だけが知っている』
著者:愛新覚羅ゆうはん

「お金持ち×スピリチュアル」の秘密を大公開!時代がこんなにも大きく変わり始めているのに、お金に対する価値観や引き寄せ方だけは、いまだにバージョンアップされずに古いままになっていませんか?これからは「魂でお金を引き寄せる時代」です。魂からのメッセージに耳を傾け、魂が喜ぶことをしていれば、お金はおのずとついてきます。本書では〝魂ファースト”で生きる方法をお伝えします。