LOVE SPORTS

「運が巡ってくる」のを待っているのがNGな理由とは?

「運」は運ばれてくるもの

よく「運を味方につける」「運に見放された」という言い方をする人がいますが、スピリテラシー(P.149)の考えでは、運は敵でも味方でもありません。常に平等に、すべての人の身の回りにあるものです。

運とは、文字通り「運ばれてくるもの」。次から次へと目の前にどんどん現れるものですから、それをつかむかつかまないかは、あなた次第。つかむ(=行動する)ことができれば、誰でも運を動かすことはできるのです。また「運が巡ってくる」のを待っているという考え方はNGです。欲しければ、視界に入ったそばから、積極的に手を伸ばしましょう。

そもそも本来のスピリチュアルに、「善か悪か」「敵か味方か」といった二項対立の考え方は馴染みません。今は時代の変化がどんどん速くなっていますから、目の前にあるものが敵か味方かと悩んでいるうちに運をつかみ損ねてしまいます。大事なのは自分が何を選び、何をするか。同じことが、「お金」との向き合い方にも、そのままあてはまるんですよ。

【書誌情報】
『お金の引き寄せ方は魂だけが知っている』
著者:愛新覚羅ゆうはん

「お金持ち×スピリチュアル」の秘密を大公開!時代がこんなにも大きく変わり始めているのに、お金に対する価値観や引き寄せ方だけは、いまだにバージョンアップされずに古いままになっていませんか?これからは「魂でお金を引き寄せる時代」です。魂からのメッセージに耳を傾け、魂が喜ぶことをしていば、お金はおのずとついてきます。本書では〝魂ファースト”で生きる方法をお伝えします。