LOVE SPORTS

生命線が向かう方向でわかるあなたのタイプとは!?【手相の教科書】

生命線が向かう方向

【月丘方面に向かう】
生命線はほとんどの場合、親指の下部方面に弧を描きますが、中には図のように生命線が弧を描かずに月丘方面に向かう人がいます。

この生命線の持ち主は、行動的で変化に富む日常を好みます。常にスケジュールが埋まっていると心が満たされます。

じっとしているより、外に気持ちを向けて行動することでチャンスをつかみ、開運していくタイプです。

また、「月丘」には精神性・神秘性などの意味があるため、物質的なことや現実的なことよりも、精神的な分野に強い関心がある人も多く、実際にその分野で才能を発揮し、活躍している人もいます。

旅行好きな人が多いのも特徴の一つであり、仕事でしたら外で動く営業職などがぴったりの手相です。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。