LOVE SPORTS

婚約や結婚、幸せになる時期を知ることができる『結婚線の流年法』とは!?【手相の教科書】

結婚線の流年法

結婚線が出ている地点を流年法で見て、婚約や結婚、幸せになる時期(年齢)を知ることができます。結婚線の基本の見方でもふれましたが、結婚線は籍を入れるかどうかは関係なく、素敵なパートナーと愛情生活を送り始める時期と捉えると良いでしょう。もちろん、結婚する可能性も大いにあります。

結婚線の流年を見る場合、男性と女性で分けて見るのがポイントです。これには諸説ありますが、一般的な考え方として男性と女性の適齢期の違いや女性の出産に関することが影響していると考えます。結婚線が複数ある場合、中でも濃くて長い線を見てください。その線の出ている時期が最も意味深いものとなります。

この時の注意点は、手のひらを真正面から見るだけではなくて、手の甲側と横面も細かくチェックしてください。手のひらに現れている線は短くても、あらゆる角度から見てみると、実は長い線があったりします。仮に結婚線の位置(年齢)が、自分の年齢よりも下に出ていたとしても心配しないでください。生命線や運命線、太陽線などからチャンス到来の時期を見つけることができます。

【結婚線の流年法の目安】
結婚線の流年の見方は、左の図のように感情線と小指のつけ根の線の間を4等分します。女性の場合は下から20歳、30歳、40歳とし、男性の場合は下から20 歳、35歳、50歳として見ます。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。