LOVE SPORTS

努力や強く願うことで運命が開き、開運する『開運線』とは!?【手相の教科書】

開運線

生命線や運命線から上昇する線を「開運線」と呼びます。開運線は、努力してきたことが開花したり、普段から想い描いている幸せが突然訪れたりする大開運の相です。結婚・出産・合格・就職・転職・栄転・独立・新居・移住など願望が叶うチャンス到来の時期に現れます。図の①の開運線は、生命線から上昇して中指の下部に向かう「運命線」でもあり、努力や強く願うことで運命が開き、開運することを示しています。

図の②の開運線は、生命線から上昇して太陽丘に向かう「太陽線」でもあり、大成功したり、①の線と同様で幸せな出来事が起こることを示しています。

図の③の開運線は、運命線から上昇して太陽丘に向かう「太陽線」でもあり、運命線から太陽線が出る時期に幸運が訪れることを示します。この相を持つ人は太陽丘の意味が影響し、名誉・名声・人気を得ながら富を築く成功者に多く、大吉相と言えます。この開運線がたくさん出ている人がいますが、その人は開運体質の人であり、多くの幸運な出来事が訪れるタイプの人と言えます。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。