LOVE SPORTS

ご先祖様からの守護が強い人に現れる『仏眼』とは!?【手相の教科書】

仏眼

親指の真中の筋が「眼」のような形をしている人がいますが、これは「仏眼」と言う相で、ご先祖様からの守護が強く、非常に勘の鋭い人に現れます。テレパシーの感度が高く、予知する能力がある人なので自分の勘を信じて生きることで、間違いのない道に進むことができます。頭に描いていることや念じたことが現実になりやすく、思いを引き寄せやすいタイプですので、明るい思考を持ってプラスの出来事をどんどん現実にしてほしいと思います。

図の②のように仏眼を2つ以上持つ人もいます。これを「ダブル仏眼」と呼び、より一層仏眼の力を与えられているのと同時に直感力や思いを引き寄せる念力を最大限に発揮して、多くの願望を叶える素質を持ちます。このダブル仏眼は、図のように上下に現れたり、2つの仏眼が横一列に並んで現れる場合があります。

また、非常に珍しいケースですが、親指の第一関節と第二関節のちょうど真ん中付近に現れる場合もあります。いずれにしても、仏眼の強力な力を通常の倍以上持っている証となります。とてもありがたい仏眼をお持ちの人は、努力とご先祖様への感謝の気持ちを忘れずに、仏眼の力を大いに活かして、多くの幸運を引き寄せて頂きたいと思います。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。