LOVE SPORTS

肉体面や精神面の疲労がピークに達している人に出る『疲労線』とは!?【手相の教科書】

疲労線

生命線下部あたりに出る短い支線を「疲労線」と言います。この線が多くある場合は、ストレス過多や体力の消耗を意味し、特に目立つ時は肉体面や精神面の疲労がピークに達している状態と言えます。晩年期に位置するあたりに出ている場合が多く、実際その時期に長年にわたって蓄積された仕事の疲れや精神的苦労が一気に出て、急激な体力の減退や病気につながってしまう場合もあります。この線は、比較的男性に多い傾向があります。運動をしたり、精神的にリラックスできる環境を作ったりしてストレスを溜めない生活を心がけることで、自然と疲労線は消えていきます。


【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。