LOVE SPORTS

占い師やカウンセラー、教師などに向いている人に出る『ソロモンの環』とは!?【手相の教科書】

ソロモンの環

人さし指のつけ根を半円で囲む線を「ソロモンの環」と呼びます。このソロモンの環を持つ人は洞察力に優れていて、内面の人間性や心の状態を瞬間的に読み取る能力を持っています。この相を持つ人の前で嘘をつくと、すぐにバレてしまいます。頭脳明晰で志も高く、その上リーダーシップもあるタイプなので、頂点に立つポジションが合っている人です。また、直感力や理解力にも優れ、人の悩みや問題を察して良い方向に導く能力があるので、占い師やカウンセラー、教師などに向いているタイプです。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。