LOVE SPORTS

飛距離が格段に上がるダウンスイングでの右ヒジの位置とは!?

ダウンスイングでの右ヒジ

切り返しからはどう動くかというと、トップオブスイングで下を向いていた右ヒジが徐々にベクトル(向きと大きさを持つ量)を変えていきます。

右ヒジを脇腹にくっつけるように下ろすと、シャフトが地面と水平な位置の9時のポジションでクラブのトゥが真上を向きますが、アマチュアゴルファーはこれをフェースが開いていると感じるので、この動きになりにくいという部分があります。実際わずかにフェースは開いている状態ですが、ここから右ヒジと手首のリリースが行われることによって、フェースは急激に返りますので、振り遅れることはありません。

しかしそれを実感できず不安になるため、リリースを早く行ってフェースをスクェアの状態に戻そうとするのです。こうすると安心感を感じるのですが、右ヒジを外に膨らませてアーリーリリースをしてしまうので、体の左回旋運動ができなくなります。

9時のポジションで右ヒジが体に引き付けられ、クラブのシャフトが、ターゲットラインと平行になるのはとても重要なことです。

【書誌情報】
『70台は楽に出る!「圧力系」インパクトの作り方』
著者:阿河徹

ボールがクラブフェースにきちんと当たる確率を高め、飛距離が十分出る― そんなスイングを実現するため著者ススメているのが「圧力系インパクト」。小さなバックスイングで強いインパクトを実現する。本書では、このインパクトの作り方を写真を数多く用いて解説。70台のスコアも可能にする、ゴルファー待望の一冊だ。