LOVE SPORTS

アマチュアにおススメのぶっ飛びアドレスとは!?

アマチュアにおススメのぶっ飛びアドレス

プロゴルファーと違ってアマチュアゴルファーは、飛距離が要らないということはまずありえませんので、あらかじめストロンググリップでハンドファーストの形を作るというアドレスを設定するのですが、これはロフトが立って当たるので、前に飛ぶ強いボールが打てるということになります。このハンドファーストのアドレスを形で表すと逆K字のアドレスになります。

また飛ぶだけでなく、フォロースルーでのクラブの反転がやりやすいというメリットもあります。そしてアドレスとインパクトが同じ形になりますので、インパクトで大きなミスが出にくくもなります。

フェースは開く方向には動かず、むしろ閉じる方向に働くので、これもまた飛ぶ要素になっています。自分で左手首のねじりを発生させなくても、簡単にこの反転作業が行えるので、この「ぶっ飛びアドレス」をアマチュアゴルファーは選択したほうがいいでしょう。ハンドファーストにしてフェースをターゲットに合わせると、その時点でシャットフェースに握っていることになり、ハンドファーストであればあるほどシャットの度合いは強くなります。

ツアープロに多いY字アドレス

ちなみにこの「ぶっ飛びアドレス」で、プロゴルファーがアイアンを打つとロフトが立って、いわゆる「お釜を掘る」と呼ばれるグリーンオーバーという現象を招いてしまいます。

そのためにプロゴルファーはハンドファーストにはせずに、両腕とクラブでYの字を描くようなアドレスをとることが多く、フェースもスクェアかややオープンにセットします。

この飛ばないアドレスからロフトを立てた「飛ぶインパクト」を作り出すのですが、距離が要らないときはインパクトの入り方を変えて、ややロフトを寝かせて当てることで調節しています。

ツアープロに多いこのY字のアドレスはインパクトでロフトが立ちにくく、飛ばしたければハンドファーストを強めにして、調節できる自由度の多いアドレスと言えるでしょう。

【書誌情報】
『70台は楽に出る!「圧力系」インパクトの作り方』
著者:阿河徹

ボールがクラブフェースにきちんと当たる確率を高め、飛距離が十分出る― そんなスイングを実現するため著者ススメているのが「圧力系インパクト」。小さなバックスイングで強いインパクトを実現する。本書では、このインパクトの作り方を写真を数多く用いて解説。70台のスコアも可能にする、ゴルファー待望の一冊だ。