LOVE SPORTS

スコアが5打縮まる!ラウンド前のパター練習法とは!?

基本の距離を決める方法

ラウンドする前に練習グリーンで何球かパターの練習をすると思いますが、何を意識してやっていますか?

カップを狙って漠然と転がしていませんか?

ラウンド前の練習ではその日のグリーンの速さを確認することが大事です。

グリーンの速さを確認するためには、ボールを3個用意して、まずはできるだけ平坦なところで転がします。ボールは真ん中寄りもやや左(左目の下くらい)に置き、スタンスを広げます。自分の構えやすいスタンスで構いませんが、肩幅くらいをオススメしています。バックスイングで右足のつま先、フォローで左足のつま先まで振り、何歩転がったか歩測します。次に足の外側から外側までで同じように何歩転がったか歩測します。そうすると2つの距離感がわかるので、それを覚えておくようにして下さい。

同じ振り幅でも力が入ったりスピードが速かったりすると、大きく転がってしまったり転がらなかったりするので、毎回同じテンポ、同じ力加減で振るようにしましょう。

これで基本の距離がわかったら次に上りと下りの場所を探し、ここでも同じように打ちます。そうすると上りだと基本の距離よりも転がりが少なく、下りだと転がりが多くなることがわかります。傾斜によっても変わりますので、何歩と決める必要はありませんが、だいたいどれくらい頃がるかを感覚としてつかむようにして下さい。