SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

7度のGG賞&3割常連の打撃。攻守に輝き続ける中日:大島洋平!

2020年8月度
SNS&検索ポイントランキング

●セ・リーグ10位:大島洋平/中日
【19,110SP】

 中日ドラゴンズの大島洋平。入団11年目の35歳外野手だ。

 昨季は最多安打のタイトルを獲得。7年ぶりに30盗塁をするなど活躍が目立った。首位打者の獲得はまだないが、今季も今後の展開次第では狙っていきたいタイトルだ。

 今季は開幕当初から安定して状態が良く、月間打率も6月.308。7月.288。8月.320。そして9月も20日時点で.338だ。特にDeNA戦で当たっていて、15試合で.456で相手にとって脅威となっている。

 また大島洋平と言えば堅守も売りで、9月18日にはフェンスに当たりながらの好守など、過去7度のゴールデングラブ賞にふさわしい守備を今季も見せている。

 チームは中位にとどまっているが、ファンを喜ばせ続けるために大島洋平には今後も戦い続けて欲しい。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫


プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。