SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

身長173cmとは思えないスイング&弾道 東京オリンピックへの夢を語った吉田正尚

2020年8月度
SNS&検索ポイントランキング

●パ・リーグ1位:吉田正尚/オリックス
【39,483 SP】

パ・リーグの1位はオリックスの吉田正尚だ。

説明不要のオリックスの中心バッター。侍ジャパンでもクリーンアップを任されている。

173cmと決して大きくない身体だが、フルスイングから放たれる打球は異常に鋭い。

打率ランキングは2位を大きく引き離してパ・リーグ1位を独走中だ。

特にネットを騒がせたのは8月14日&15日の2日間。

14日は「日本代表で東京オリンピックに出たい」というインタビューが大手ニュースサイトで掲載された。

今までメディアには明確に言ってこなかった夢を初めて語ったと言っていい記事だった。そして、その気持ちはハンマー投げの金メダリスト・室伏広治さんと一緒にトレーニングをすることで生まれたとも明かしていた。

一転、15日の話題はコンディション不良によるソフトバンク戦での3回途中での交代劇だ。オリックスファンからしたら大事件だ。

しかし、大事には至らず翌日の試合には無事にスタメン復帰していたので、ファンは安心したことだろう。

背のあまり大きくないアマチュア選手も多くいるはず。ぜひ、そういう選手は吉田正尚のスイングを何度も見て、真似できる部分は取り入れ、ガンガン本塁打を打って欲しい。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫

プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。