SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

期待された「バースの再来」“成績不振の6月”と“巻き返しの7月”・ジャスティン・ボーア

2020年6月度
SNS&検索ポイントランキング

●セ・リーグ1位:ジャスティン・ボーア/阪神タイガース
【89,843 SP】

今シーズンから阪神タイガースに入団したジャスティン・ボーア。

メジャー通算92本塁打、バリバリの現役メジャーリーガーの入団とあって「バースの再来」とマスコミは報じた。

「バースの再来」2~3年に1度聞くフレーズのような気もしますが…。最近だとロサリオ、ソラーテetc.。

阪神ファンはその期待からボーアの過去の実績などを調べたくてインターネットで「ジャスティン・ボーア」を多く検索したのでしょう。

そして、6月19日シーズン開幕。それからは、その期待の高さの反動から成績不振がインターネット上を賑わせることに。

6月末日時点で「対左ピッチャー27打席でヒット無し」という不名誉な成績も検索数を増やした要因でしょう。

しかし、月が替わると状況は一変。7月1日に来日初ホームラン&対左ピッチャー初安打。

7月1日~7月22日の計15試合での成績は打率.333ホームラン5本と人が変わったように打ちまくった。

それに伴うように同期間のチーム成績も11勝4敗と絶好調。

ランディ・バースがいなくなって22年。本物の「バースの再来」かどうかは、これからの活躍次第だ。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫

プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。