SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

2016年以降1軍登板無し男が独立リーグで活躍してヤクルトにシーズン途中入団・歳内宏明

2020年9月度
SNS&検索ポイントランキング

●セ・リーグ10位:歳内宏明/ヤクルト
【8,636 SP】

10位にランクインしたのはヤクルト・歳内宏明だ。

夏の甲子園に福島県代表として13年連続出場中の聖光学園出身。意外にも同校出身の初プロ野球選手でもある。

2011年に阪神からドラフト2位指名を受けた。

そして、2012年~2019年の8年間を阪神で過ごしたが、総登板数は57試合で2勝4敗。

ケガに泣かされることが多く、特に最後の3年間は1軍での登板はなかった。

昨年に戦力外通告を受けたのち、2020年は独立リーグの香川オリーブガイナーズに入団。

6月の開幕から8月までに9試合登板し、3完封を含む5勝0敗、防御率0.42という好成績が投手陣の苦しいヤクルトの目に留まり、9月6日にシーズン途中での入団となった。

SP値を最も集めたのはNPB復帰初登板となった9月16日。

DeNA戦に先発して5イニングを2失点。自身に勝ち負けは付かなかったが、チームの勝利に貢献した。

そして、10月1日には復帰後初勝利。先発としてはプロ初勝利だった。

野球に限ったことではないが、挫折を味わった人間が復活したとき、そのしぶとさは相当なものになる。

残りのシーズン、死に物狂いのしぶといピッチングを見せ続けてくれそうだ。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫


プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。