SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

5度の甲子園出場の高卒ドラ2。1軍初安打がタイムリーの楽天・黒川史陽!

2020年9月度
SNS&検索ポイントランキング

●パ・リーグ9位:黒川史陽/楽天
【5,303 SP】

 東北楽天ゴールデンイーグルスの高卒ルーキー内野手、黒川史陽。智辯和歌山高校では1年春からレギュラーを勝ち取り、5季連続出場も果たしている逸材だ。

 春季キャンプ時から評判は高く、名手・井端弘和氏は開幕前「守備も堂々として、バッティングもプロでも速いスイングスピードがあり、どこの大卒、社会人かと思えば、高卒ルーキーだったことに驚いた」と言う。

 実際、9月4日に一軍登録されると即スタメン。初打席で犠飛を放ち打点を記録し、6日の試合ではプロ初安打がタイムリー。高い素質の片りんを見せた。

 その後、9月11日にファームに落ちたが、再び9月29日に一軍に。チームがクライマックスシリーズを目指す中での再度の一軍行きは実力の証だろう。4割打者を目指すという黒川史陽の先々を、今後も見続けたい。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫

プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。