LOVE SPORTS

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • どのポジションでどんなドリブルを選ぶ?相手を抜くドリブルが有効な場面とは!?【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

どのポジションでどんなドリブルを選ぶ?相手を抜くドリブルが有効な場面とは!?【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

Text:鈴木宏輝

相手を抜くドリブルがどこの場面で有効かを考えよう

【どうして】自陣ゴール前でのドリブルは奪われるとピンチになるから

どのポジションでどんなドリブルを選ぶ?

自陣ゴール前でのドリブルは奪われるとピンチになるから【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

ドリブルは突破のドリブルだけでなく、運ぶドリブルやキープのドリブルなど様々です。ドリブルで大事なのは、どのエリア、どのポジションでどんなドリブルをするのが効果的なのかを考えることです。例えば、自陣ゴール前で相手を抜くためのドリブルをするとします。もし相手にボールを奪われたら自分たちのゴールが近くにあるのでピンチを招きます。相手にボールを奪われたら危険なエリアでのドリブルはリスクがあることを知っておきましょう。一方相手陣内であれば、ドリブル突破で相手を1人でも抜ければ優位な試合運びをすることができます。

どのポジションでどんなドリブルを選ぶ?【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

コーチからひとこと

相手ゴール前ならドリブルで抜くチャレンジをしてみよう。

【出典】『ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55』著:鈴木宏輝

【書誌情報】
『ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55』
著:鈴木宏輝

サッカーは世界中で人気のスポーツで、日本でも多くの子供たちがプレーしています。選手たちは将来プロを目指し、競争やトレーニングを通じて成長します。サッカーは技術だけでなく、姿勢や行動も評価され、信頼が重要です。「ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55」は、サッカーの考え方や練習方法を紹介し、選手が楽しく成長することを目指しています。大切なのは、サッカーを楽しく好きになることです。「ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55」を活用して、実践してほしいと思います。また子供だけでなく、保護者も一緒に読んでいただきたいおすすめの一冊です。

オススメ記事