SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「他球団はほぼ見ていない」中日、快速球ルーキー指名の訳とは?

Text:尾関雄一朗

今年もまた新しいシーズンが始まる。中でも注目されるのが昨秋のドラフトを経て入団する1年目の選手たち。
いま改めて19年ドラフトのドキュメントをここにお届け。

幼いころから中日ファンだったという竹内龍臣(札幌創成高)は、まず入団の夢を叶え、次は一軍での活躍を目指す。

ドラフトドキュメント①奥川恭伸(別タブで開きます)

■19年ドラフトドキュメント⑨スカウトのパイプと眼力

スカウトはあらゆる人脈を生かして選手を発掘し、獲得に動く。中日が6位指名した竹内龍臣は、監督が元中日の外野手・遠田誠治氏だ。
中日・米村チーフスカウトにとって、同じ釜の飯を食った仲。調査書を出したのは中日だけだった。

「北海道・東北担当スカウトの八木(智哉)が『遠田さんご存知ですか』って聞いてくるから、『おう遠ちゃんか、久しぶりに名前聞くな』と。」
「それで練習を見に行ったら『遠田、これいいやないか』となりました。夏の地方大会でも147キロを投げて、4試合で四球もほとんどない。他球団はほぼ誰も見ていないんじゃないか」(米村チーフスカウト)

 

とはいえ、単につながりを優先してドラフト指名するほど甘くない。パイプが多いほど有望株の情報は入ってくる。しかし、それと指名は切り分ける。
楽天の育成4位・澤野聖悠(誉高)を担当した山田潤スカウトにも、ある思いがあった。 「少しでも引っかかることがあれば、リストから外そうかなとも思っていました」

山田スカウトにとって、誉高の矢幡真也監督は朝日大の1年後輩にあたる。学生時代、オフの日は一緒に出掛けた間柄だ。だからこそ、高校通算26本塁打を放った遊撃手の好素材をフラットな目で見極めた。
「守備はまだ粗削りな面もありますが、スイングのよさやスピードなど秘めている能力は高いです。夏の甲子園に出た後もずっと彼は練習していて、見に行くたびに太腿やお尻が大きくなっていました。」
「これだけやる気があるなら、プロで毎日野球をして水準に達し、化けて突き抜けていくイメージも描ける。見るほどに不安は消えていきました」

次回19年ドラフトドキュメント⑪「全員が成功すると思って指名している」へ続く)

(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

執筆:尾関雄一朗
1984年生まれ、岐阜県出身。
新聞記者を経て、現在は東海圏のアマチュア野球を中心に取材。
多くの「隠し玉選手」を発掘している。中日新聞ウェブサイト『中日新聞プラス』でも連載中。
アマ野球関連のラジオ出演なども多数。

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。