SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】セカンドのレギュラーを勝ち取り、チーム内首位打者も見えてきた・吉川尚輝

2020年9月度
SNS&検索ポイントランキング

●巨人5位:吉川尚輝
【38,062 SP】

5位は吉川尚輝。

シーズン当初はセカンドのレギュラーが決まっていない状態だったが、気付けばしっかりとレギュラーを勝ち取っている。

10月13日時点で、297打席に立って打率.287。

96試合消化時点での規定打席は298打席なので、あと1試合で規定打席に到達する計算。規定打席に達すれば、巨人の規定打席到達選手の中での最高打率は丸佳浩の.289とほとんど差は無く、チーム内首位打者になる可能性も充分にある。

9月のSP値が最も大きかったのは1日。

この日は“打撃の神様”こと巨人の大先輩、川上哲治氏の生誕100年記念試合として開催され、全員が永久欠番の「16」を背負ったメモリアルゲーム。

先発は開幕9連勝中の菅野智之だった。

試合は吉川尚輝がライト前へタイムリーヒットを打ってサヨナラ勝ちの劇的な展開。

メモリアル勝利&菅野智之の開幕からの連勝を二桁の「10」に乗せる活躍を見せた。

10月月間打率も.316と好調キープ(10月13日時点)。この調子のまま日本シリーズまで突っ走ってほしい。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫


プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。