SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

宇田川優希/山﨑颯一郎/ワゲスパック/比嘉幹貴などオリックス鉄壁リリーフ陣がヤクルト打線を封じ込めた!【2022日本シリーズ勝敗を分けたポイントはどこ?】

Text:花田雪

2022日本シリーズ勝敗を分けたポイントはどこ?

今年の日本シリーズはオリックスが4勝2敗1分でヤクルトを下し、26年ぶりの日本一に輝いた。開幕3戦で2敗1分と追い込まれながら、そこから怒涛の4連勝。一体、シリーズの潮目はどこで変わったのか?全7試合を振り返りながら「勝敗を分けたポイント」を探ってみよう!

鉄壁リリーフ陣が相手を封じ込めた

オリックス・バファローズと、東京ヤクルトスワローズ。前年と全く同じ対戦カード、さらにはリーグ連覇を果たしたチーム同士となった今年の日本シリーズは、結果的に4勝2敗1分でオリックスが優勝。前年のリベンジを果たし、26年ぶりに日本一となった。

シリーズを通して話題となったのが、オリックスの「鉄壁リリーフ陣」だ。第1戦で絶対的エース・山本由伸が先発しながら、ヤクルト打線に先制を許し、さらには5回途中に脇腹に痛みをおぼえて緊急降板……。結果的にこの試合がシリーズ唯一の登板となったことを考えると、オリックスにとっては痛すぎる離脱だったのは間違いない。

事実、オリックスはエース離脱の開幕戦から3試合で2敗1分と、ヤクルトを相手に3戦0勝と劣勢に追い込まれる。

ただ、ここからが真骨頂だった。負ければ王手をかけられる第4戦、5回1死から継投策に入ると、宇田川優希、山﨑颯一郎、ワゲスパックの3人で4回⅔を投げ、ヤクルト打線にわずか1安打しか許さないほぼ完ぺきな投手リレー。3回に挙げた虎の子の1点を守り切ってシリーズ初勝利を挙げた。

コンスタントに150キロ台中盤をマークする剛腕を並べつつ、シリーズで幾度となくチームのピンチを救った比嘉幹貴のような〝技巧派〞も擁する変幻自在のリリーフ陣は、結果的にその後、第7戦までフル回転。

MVPなど個人表彰される投手はリリーフ陣には生まれなかったが、逆を言えば誰かひとりに頼り切ったわけではなく、リリーフ陣全員がチームの力になった証と言えるだろう。

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内