SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

石川昂弥に岡林勇希と楽しみな若手が増えてきた中日ドラゴンズ!

コロナ禍でも令和のスター候補は順調に成長中!?ファーム近況報告

例年よりも日が当たらない印象のファーム。それでも期待の若武者たちの成績を一挙にレポートします!異例の短期シーズン。一軍が終盤戦に向けて加熱する一方で、大忙しのスケジュールであまりスポットライトが当たっていないファーム。未来のプロ野球界を託されている若手たちの現状を今一度、追ってみたい。

石川昂弥
中日ドラゴンズ

【2軍成績】
58試合 打率.278 3本塁打 24打点

高卒ルーキーでは石川昂弥(中日)が好スタートを切った。今シーズンは2軍で58試合、打率.278、3本塁打、24打点を記録しており、7月12日の広島カープ戦に今季入団の高卒新人では12球団最速となる1軍昇格を果たし、さらに初昇格即スタメン出場という異例のデビューを果たした。1軍初スタメン初出場を果たしたこの試合で、2回無死走者なしの場面で迎えた第1打席には、広島先発遠藤の3球目のチェンジアップに体勢を崩されながらもレフト線へ運ぶ二塁打を放った。

岡林勇希
中日ドラゴンズ

【2軍成績】
64試合 打率.285 0本塁打 15打点

中日ではドラ5・岡林勇希も64試合でウエスタン・リーグ3位の打率.285をマークしており、7月には石川昂弥に続き、一軍昇格を果たし、プロ初安打も放った。プロになって初めてのシーズンだった為に、シーズン終盤に疲れが見え、打率3割から2割台に落としてしまった岡林勇希は、「体力をつけてけがをしないようにするのもそうですが、疲れがある中で結果を残すのも大切。」と来シーズンへ向け、体づくりを強化する。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!