SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

シーズン37SでNPB新人タイ記録!開幕から22戦連続0封の新人記録も達成で広島の新守護神となった栗林良吏

Text:安東渉

今季、球界で生まれた衝撃記録を一気に振り返る!2021プロ野球PICKUP記録集

2021シーズンのプロ野球で達成された記録の数々をご紹介!白熱のペナントレースをさらに盛り上げた、名記録を振り返ろう。

NPB新人タイ記録!シーズン37セーブ

栗林良吏【広島カープ】

広島東洋カープのルーキー、栗林良吏がNPB新人タイ記録となるシーズン37セーブを挙げた。

開幕から抑えに指名された栗林は、中日との開幕2戦目でプロ初セーブを挙げると、開幕から22試合連続無失点という新人記録を達成。

被本塁打も最終戦の1本のみという完璧な内容で、広島の新守護神としてその名を轟かせた。また、栗林は侍ジャパンとして東京五輪にも出場。全5試合に登板し2勝3セーブと活躍。金メダル獲得に大きく貢献した。

出典:『がっつり! プロ野球(30)』