SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

メジャー282発&ゴールデングラブ。オリックス新加入の大物助っ人とは?

チーム力全体を向上させるジョーンズ

 最下位脱出を目指すバファローズ。攻撃面の補強戦力が機能すれば、さらに上も望めるだろう。

 まず野手陣には、通算282本塁打の大物メジャーリーガー・ジョーンズが加入。外野手としては4度のゴールドグラブ賞受賞と打線のみならずチーム力全体が向上しそうだ。

 さらにマイナー通算174本塁打のロドリゲスも加入し、昨季途中加入のモヤも健在。得点力は確実に上がるだろう。

 一方、若手では大学出内野手の中川圭太が1年目で機能し、高校出6年目外野手の宗佑磨は打力が伸びて成長が見込める。どちらも我慢強く起用したいところだ。

 投手陣は山本由伸を筆頭に若い力が台頭。特に先発陣が充実したが、救援陣は不安定だった。そこ に新助っ人右腕のヒギンスが加入し、中継ぎに厚みを加えた。

 ドラフトでは1位で高校生左腕の宮城大弥を獲得。速球も変化球も質が高く早期1軍もあり得る。


昨季は投手力、守備力が下降し、打力も改善できず4 位から最下位に転落。打線が補強 され先発陣が充実した今季は救援陣の整備で浮上の可能性。
ーー次回【オリックス・バファローズ投手編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。