SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

打者を翻弄するツーシームが武器のズバ抜けたポテンシャル!鈴木優

Text:橋本雅生

2020プロ野球ブレイク候補を青田買い!

覚醒期待のスーパースター候補は誰!?

ファンにとって楽しみのひとつがブレイク選手の登場だ。その候補生、今年もいるいる。どこかマンガチックな選手から若き苦労人、最後の和製ランディ・ジョンソンに鳴り物入りの大物まで、魅力たっぷりのセ・パ11名の投手をご紹介!

ズバ抜けたポテンシャルで都立の星から、オリの星へ!

鈴木優(オリックス・バファローズ)
■ブレイク確率:60%

「都立の星」として2014年ドラフト9位入団から、はや5年。今季2軍で18試合4勝2敗、防御率2.30の好成績は着実な下積みがなされているなによりの証拠。

持ち味は「力まず軽く投げるような感じ」(本人)でも150キロをマークする直球(最速は153キロ)とツーシーム。軽く投げても速い直球はタイミングがとりづらく、打者からすればカウント有利な場面で“思わず打たされる感”のあるツーシームで内野ゴロが、必勝パターン。

7月10日楽天戦では3年ぶりの1軍マウンドで初先発。結果は2回1安打2奪三振も3四球とイマイチだったが遠投11 5m、走れば100m11秒台、背筋225キロ、立ち幅跳び280センチというズバ抜けたポテンシャルには期待大。1軍での免疫をつければ大化けも。