SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

新背番号「55」身につけ巨人の巨人が進撃を開始か!?巨人の大谷翔平へと変貌期待の秋広優人

Text:小林雄二

覚醒期待のスーパースター候補は誰!?2022プロ野球ブレイク候補を青田買い!

近年のNPBは高卒数年で出てくる選手、大卒でも素材型として見込まれている選手なども増えてきた。そんな事情を加味しながら贔屓チーム以外の若手を見るのもファンの楽しみのひとつでは。来季もブレイク候補、わんさかいますぞ!

打席の姿はまるで大谷翔平巨人の巨人が進撃を開始か

秋広優人(読売ジャイアンツ)
■ブレイク確率:50%

2020年ドラフト翌日の某スポーツ紙に「巨人に“巨人”がやってきた」と書いてあった通りの身長は200センチ。記事の横には自動販売機と並ぶ秋広の写真が掲載されていたのだが鼻から上は“自販機越え”。規格外はサイズのみならず。「初球からフルスイングする積極性」(本人)と「器用でパワーもある」(大塚淳弘副代表)打撃も同様で、春のキャンプでは2軍スタートも好打を連発、阿部慎之助2軍監督(当時)に「今のところ教えることはない」とまで言わせてチャッチャと1軍昇格。

OP戦終盤に2軍降格となったものの、ファームでは主に4番で82試合、打率・229、8本塁打、26打点の好成績。9月28日の中日戦で1軍昇格もプロ初安打は来季以降に持ち越しとなったが「まず、一歩踏み出せた」(本人)印象だ。シーズン終了後に「新背番号55」が発表されると一部Gファンから“まだ早い!”という声も上がったが、球団の期待はそれほどまでにデカいということ。秋からは外野守備にも挑戦。「丸の次に中堅のレギュラーを」という阿部1軍作戦コーチの言葉を聞く限り、来季の実践的英才教育もありえそう。

出典:『がっつり! プロ野球(30)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内