SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

開幕ローテも狙える逸材。カープ期待の最速155キロ右腕とは?

カープは救援陣の再構築がカギ

 新たに佐々岡真司監督が就任し、2年ぶりのCS進出を目指すカープ。有意義な補強も行い、目標達成は難しくないだろう。

 昨季のチーム防御率はリーグ2位。投手陣全体では悪くなかったが、抑えの中﨑翔太が不振に陥るなど救援陣の形が崩れた。結果〝逆転のカープ〞が32試合もの逆転負け。

 そこで抑え候補にDJ・ジョンソン、中継ぎ候補にスコットを獲り、再整備を図る。

 一方の野手陣は得点力が下降。リーグ3連覇を支えた1〜3番の形が崩れた中、西川龍馬の台頭はあったが、バティスタのドーピング違反による出場停止も響いた。

 それでもメジャー移籍を目指した菊池涼介が残留。メジャーで実績のある外野手のピレラも加入し、戦力は整備されつつある。

 ドラフトでは1位で大学生右腕の森下暢仁を獲得。最速155キロの速球に変化球の質も高く、開幕ローテ入りも狙える逸材だ。

投手力がわずかに向上した反面、打力と機動力が下降して昨季はリーグ4 連覇ならず。今季は救援陣の整備、新助っ人の生かし方が浮上のカギ。

ーー次回【西武ライオンズ投手編・野手編】へ続く
>

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。