SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【カープドラフト査定/評価:B+】次世代エースへ斉藤優汰を指名!内田湘大など高校生の好素材集めた

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【ドラフト査定/評価:B+】高校生の好素材を集め、しっかりと投手も確保!

公言通り、斉藤優汰(苫小牧中央高)をドラ1で指名。次世代エースの育成に乗り出した。斉藤は189センチ91キロの体躯を持つ本格派右腕。最速151キロのスピードを誇るが、ただ速いだけではなく、下半身に体重が乗ってグワンと伸びてくる。これだけ力強い球を投げられる高校生は稀有な存在。1位で指名しなければ、2位の巡りが早い球団がかっさらっていただろう。

ドラ2・内田湘大(利根商高)は「新井2世」。高校時代は投手と一塁手を兼任し、最速149キロ、高校通算36本塁打をマークした。球団は強肩強打の三塁手として育てていくプランを描いている。

ドラ3・益田武尚(東京ガス)は最速153キロのストレートに多彩な変化球を持ち合わせた本格派右腕。ヤクルトとの練習試合では村上宗隆やオスナから三振を奪い、ストレートのキレ味をアピールした。

ドラ4・清水叶人(健大高崎高)は右投左打、強肩強打の捕手。坂倉の後釜を狙う存在になりそうだ。ドラ5・河野佳(大阪ガス)は昨年の日本選手権MVP右腕。今年は扁桃腺が腫れ、投げられない時期が続いたが、実力は折り紙付きだ。

ドラ6・長谷部銀次(トヨタ自動車)は高速フォークで三振を奪えるリリーフ型左腕。ドラ7・久保修(大阪観光大)は脚力と守備が魅力の外野手で盗塁を得意としており、下剋上に期待したい。

広島東洋カープ2022ドラフト指名選手

1位 斉藤優汰 投手 苫小牧中央
2位 内田湘大 内野手 利根商業
3位 益田武尚 投手 東京ガス
4位 清水叶人 捕手 健大高崎
5位 河野佳 投手 大阪ガス
6位 長谷部銀次 投手 トヨタ自動車
7位 久保修 外野手 大阪観光大
育1 名原典彦 外野手 青森大
育2 中村貴浩 外野手 九州産業大
育3 辻大雅 投手 二松學舍大附

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内