SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

機動力を存分に生かす!「野球太郎」お薦めのカープ先発オーダーとは?

田中広の右ひざは順調に回復

昨季のチーム打率はリーグ3位で本塁打は4位。攻撃力は平均レベルだったが、得点は591。18 年は721だったから、じつは130点も減少していたのだ。

そこで、得点力を取り戻すためには、持ち前の機動力を存分に生かせるオーダーをお薦めしたい。まず1、2番は田中広輔、菊池涼介。田中広は昨年8月に手術した右膝が順調に回復し、打・走の復活が見込める。菊地とのコンビでチャンスを作り、西川、鈴木誠也、松山竜平の中軸につなぎたい。また、足のある西川、鈴木は盗塁技術を高めて成功率を上げたいところ。そして下位の6番はメヒア、7番は會澤で、8番に野間峻祥を置けば、上位につながりやすい。

守りは昨季87失策で守備率はリーグ4位。田中広の不調の影響で遊撃全体で20失策と、鉄壁の二遊 間が不安定に。外野は無難も、今季は内野の改善が課題だ


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率
ーー次回【中日ドラゴンズ編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。