SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「野球太郎」がお薦めする千葉ロッテの2020先発オーダーとは?

福田秀は7番に置きたい

昨季は16年本塁打王のレアードが加入し、〈ホームランラグーン〉効果もあり、チーム本塁打が前年の78本から158本に激増。

得点はリーグ2位の打線から鈴木が抜けて福田秀が入った今季、お薦めオーダーは下表のとおりだ。


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率

福田秀は2番候補だが、スタメン経験は少ない選手。いきなり上位に置くよりも、下位の起点となる7番で1番同様の役割を求めたい。すると8番は田村、9番に中村奨吾が入ると上位へのつながりがよくなる。

必然的に1、2番は荻野貴司、藤岡裕大となり、中軸はマーティン、井上晴哉、レアード。そして、角中勝也を6番で自由に打たせるのベストだ。 

守りはリーグ最少の67失策。内野は要の二遊間は中村奨、藤岡で安定し、両サイドの井上、レアードは無難。

外野は守備範囲の広い荻野、強肩のマーティンがいて福田秀が加わり鉄壁レベル。

ーー次回【北海道日本ハムファイターズ編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。