SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

川上憲伸氏、森本稀哲氏の意外過ぎるホームランダービー予想とは

【マイナビオールスターゲーム2019前夜祭】

12日・13日に開催される「マイナビオールスターゲーム2019」を前に11日、六本木ヒルズアリーナで前夜祭が行われた。
トークショーに登場したのは前田智徳氏(48)、川上憲伸氏(44)、森本稀哲氏(38)の3名。

ホームランダービーは11日の抽選の結果、まず12日の東京ドームでは
坂本勇人(巨人)VSレアード(ロッテ)
村上宗隆(ヤクルト)VS吉田正尚(オリックス)
13日の阪神甲子園球場では
筒香嘉智(横浜)VS山川穂高(西武)
鈴木誠也(広島)VS森友哉(西武)
が初戦を戦う。

川上憲伸氏がホームランダービーの注目すべきこととして挙げたのは、なんと「誰が投げるか」とのこと。投手の協力なくしてはホームランダービーは勝てないという。
制限時間の2分もカギになると熱弁する。

森本稀哲氏は村上宗隆選手と山川穂高選手は、給与面から賞金狙いで優勝を目指すのではと邪道(?)だが説得力のある予想。
「坂本勇人選手は行くところまでいってしまったから」そこまでガツガツいかないのではと語った。

オールスターゲームは第1戦が東京ドームで12日(金)の19時開始。第2戦は阪神甲子園球場で13日(土)の18時30分に開始される。