SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

高卒1年目も即戦力契約だったので225万円DOWNは渋すぎ!?石川昂弥【プロ野球契約更改を斬る’21】

Text:小林雄二

プロ野球契約更改を斬る!2021

コロナ禍で揺れに揺れた昨シーズン。その影響か、契約更改もなにやらスッキリしない不思議の査定がちらほらと…。もんなモヤモヤを今年もちょろっと摘み出します。

高卒1年目なのに、即戦力契約ですと!?

石川昂弥/中日ドラゴンズ
1500万円→1275万円:225万円DOWN
2020年成績:14試合 打率.222 0本塁打 1打点 0盗塁

今年も厳しめだった中日のなかでもこの案件はトピックのひとつかなと。高卒新人なのにサクッと225万円減です。「高卒1年目」で14試合出場、36打数8安打、1打点。球団代表、言いました。「即戦力契約だったのでダウン」と。清原、立浪くらい活躍しないとだめですか?…ってか「即戦力契約」ってなに?

『がっつり!プロ野球28号』1月29日発売!!