SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

DeNAの逆転勝利呼んだ阪神植田海を焦らせた梶谷隆幸の好走塁!

無安打も好走塁で魅せた梶谷隆幸

7月11日に阪神甲子園球場で行われた阪神タイガースとの一戦で9回にフォアボールで出塁し、好走塁見せ、DeNAベイスターズの逆転勝利を呼び込んだ梶谷隆幸。

阪神エース西勇輝の前にDeNAベイスターズは、チャンスは作るも1点止まりで9回を迎え、守護神藤川球児が登場し、阪神甲子園球場は阪神タイガースの5連勝を祝う準備が整いつつあった。

しかし、その空気を一変させたのが、9回1アウトの場面で打席に立った梶谷隆幸だ。

フォアボールで出塁。続く桑原将志がセンター前ヒットを放つと、積極的にホームを狙う走塁を見せた。それが視界に入った阪神植田海が焦り、ボールを後逸した。そのまま梶谷隆幸はホームインし、ついに同点に追いついた。その後、ソトがレフトスタンドへ2ランホームランを放ち、勝ち越しに成功した。最後は、山崎康晃がランナーを溜めるも無失点で切り抜け、DeNAベイスターズは逆転勝利を掴んだ。

打率.352と今シーズン打撃好調の梶谷隆幸だが、打てない日でも走塁や守備で活躍できる今の姿をシーズン通して、継続できればタイトルにも名を残しそうだ。