SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

DeNA来季の課題は佐野恵太以外の外野陣の整備!計算できる打線の更なる進化を

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【オフ&来季の課題】来季は絶対に勝負の年!外国人枠の有効活用を

牧、佐野、宮﨑、ソトがいる打線はセ・リーグきっての「計算できる」打線。今季は開幕から今永やソトらを欠いたが、万全の戦力で挑めばスタートダッシュも可能だろう。

ただ、オースティンは今季右肘の状態が思わしくなく、代打でしか出場できず。オフには2度目の手術に踏み切っている。

今季はソト、オースティン、ロメロ、エスコバーの4人+アルファで構想を描いていたが、来季はソトとエスコバーの2人しか計算できる状況にない。相対的に浮上が狙える今、助っ人補強の本気度が勝敗を分けそうだ。また煮え切らない外野陣(佐野を除く)の奮起と整備も喫緊の課題だ。

DeNAベイスターズ過去10年間シーズン成績

2013 中畑清 5位 144試合 64勝 79敗 1分 勝率.448
2014 中畑清 5位 144試合 67勝 75敗 2分 勝率.472
2015 中畑清 6位 143試合 62勝 80敗 1分 勝率.437
2016 A.ラミレス 3位 143試合 69勝 71敗 3分 勝率.493
2017 A.ラミレス 3位 143試合 73勝 65敗 5分 勝率.529
2018 A.ラミレス 4位 143試合 67勝 74敗 2分 勝率.475
2019 A.ラミレス 2位 143試合 71勝 69敗 3分 勝率.507
2020 A.ラミレス 4位 120試合 56勝 58敗 6分 勝率.491
2021 三浦大輔 6位 143試合 54勝 73敗 16分 勝率.425
2022 三浦大輔 2位 143試合 73勝 68敗 2分 勝率.518

三浦大輔監督2年目は前年最下位から2位へとジャンプアップ。本拠地・横浜スタジアムでの無類の強さはファンの後押しがあってこそ。来季こそ1998年以来の優勝を!

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内